転職時の履歴書ポイント

長年システムエンジニアとして働いてきた方で、これから転職を考えているなら「久しぶりに履歴書を作成する」という方もいるでしょう。今では、書類選考を行っている企業が増えているため、以前よりも履歴書の役割は大きくなってきています。あらためて履歴書の書く方も万全でいくことが必要です。
では、ここからはシステムエンジニアの履歴書ポイントについてご紹介します。まず、履歴書を作成する際には「どこを見ているの?」と思いますよね。実は、システムエンジニアなどの職種の場合には、開発実績があるか、経験業務はどういったものか、どういったスキルがあるのかなどを担当者は細かくチェックしていることになります。開発実績を記載する際には、単にそのプロジェクトなどを羅列するだけではなく、要約してどういったプロジェクトであったのかも記載することが出来れば、より仕事内容を伝えやすいでしょう。また、意外と見ているのは自己アピール。転職というと「技術力さえ高ければ採用されるだろう」と思っている方が多いと思いますが、企業ではプラスとなる専門技術以外のスキルも求めています。技術力があって当然と考えているところが多く、更にコミュニケーション能力はあるか、人間力はあるかなどをみています。そのため、履歴書や職務経歴書で自分のアピールをすることが大切。採用された際には、どういった仕事をしていきたいのかなども、具体的に記載していると興味を引く履歴書となるでしょう。
このように、システムエンジニアが転職活動を行う際にはこれらのポイントに気を付けて履歴書を作成していくことが大切です。どういった点を見ているのかが分かれば、企業にとって魅力ある履歴書作成をすることが出来るでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です