履歴書からわかる人柄

システムエンジニアの方は技術職ですから「転職はそれほど難しくないだろう」と思っている方も多いと思います。今までの経験、身に付いたスキルなどを考えれば「無理なく転職先が決まるだろう」と思っている方もいるでしょう。しかし、実際に転職活動を始めてみると「思った通りに進まない」と感じている方もいるはず。
そこで、システムエンジニア転職の履歴書に大切な人柄について調べてみました。システムエンジニアの方の場合には「技術力をみられるだろう」と思っている方が多いと思いますが、確かに技術力は重要なポイントとなるでしょう。しかし、採用担当者の方は技術力だけを見ているわけではありません。やはり一緒に仕事をしていく仲間となる訳ですから、人柄などもチェックしていることになります。「でも、履歴書で人柄は分からないのでは?」と思われる方もいると思いますが、履歴書には自己PR欄があるため、ここでどういった人柄なのかを判断することが出来ます。例えば、チームのリーダーとして仕事をしてきた経験がある方であれば、チームをまとめてきたという実績がありますから、これらの内容でチームをまとめる能力があると判断されるでしょうし、人柄的にもコミュニケーションが取れる人材と判断することになるでしょう。また、自己PR欄に長々と記載してしまうような方は「この人は自分中心の考え方を持っていそうだな」と取られてしまうこともありますので注意が必要。
システムエンジニアという職業は、どれだけのスキルがあるのかが重要とはなってきますが、転職時には人柄なども見ていることになります。そう考えると、トータルで見られていることになりますから、履歴書作成時にも注意が必要ですよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です