システムエンジニア履歴書のマネジメント力

システムエンジニアの方が転職活動をする際には「今まで長い経験があるから転職はスムーズに出来るだろう」と思っている方が多いかもしれません。システムエンジニアという職種は専門職ですから、他の職種に比べると転職は有利ですよね。経験が豊富で技術力が高ければ、転職活動もすんなりと進めることが出来るでしょう。しかし、思い通りに転職活動が進められていない方もいると思います。
そんな方は、一度自分の履歴書を見直してみませんか。履歴書というと「今までの経歴さえ分かれば問題ないだろう」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。確かに、履歴書からはどういった企業でどのくらい仕事をしてきたのかを知ることが出来ますから、「これで十分」と思われる方も多いでしょう。しかし、最近ではこの履歴書から判断する企業も多く、履歴書でいかに魅力をアピールできるかが大切となっているのです。そして、多くの企業で求めている人材は、マネジメント力のある人材。システムエンジニアとしての経験や技術力があるのは当然と考え、プラスの能力を求めている企業が多い。今までの経験により「管理能力があるか?」「マネジメント力はあるか?」「リーダーとしての素質はあるか?」なども判断しています。ということは、履歴書で今までどういったチームを動かしてきたのか、スケジュール把握や管理の仕事を行ってきたのかといった内容も記載していくことが必要となるのです。マネジメント力があると判断されれば、当然書類選考も通りやすくなりますし、採用後の待遇面に関しても高い評価をされることになるでしょう。
システムエンジニアとして転職活動をしている方は、技術力だけをアピールするのではなく、プラスのスキルもアピールしていくことが欠かせません。特に、マネジメント力が高ければ高いほど、評価も高くなりますのでそれらの経験も記載していくと強みになりますよ。
転職活動のお役立ち情報を知りたいなら【SEのための転職サポートセンター】がお勧め。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です